2006年11月 1日 (水)

香港よもやまばなし その6・養生訓・下(通算24回)

さて、前置きが長くなりましたが、本題に入りたいと思います。
読書に関し、たまには古典を読んでみるのもいいものです。

古典は長い年月人々の取捨選択に耐えてきたことから、読む価値のあるものが多いはずです。最近読んで面白かったものを一冊ご紹介します。

「貝原益軒 養生訓」 松田道雄訳 中公文庫

貝原益軒は、江戸時代元禄の頃の人物。儒学者です。
同文庫本のカバーによりますと、貝原益軒の「養生訓」は、「八十過ぎまで長年実践してきた健康法を万人のために丹念に書きとめた、益軒の身体的自叙伝ともいうべきものである」と紹介されています。
しかし、実際に読んでみると同書は単なる健康法の紹介にとどまらず、「いかに生きるべきか」といった益軒の哲学的主張といった趣を呈しています。ここらあたりの面白さが、長年にわたり多くの人に読み継がれてきたゆえんでしょうか。
また、古典というと非常に読みづらいというイメージがありますが、同書については、訳が良いのでしょう。非常に平明な日本語でつづられており読みやすいです。
それでは、益軒先生の「養生訓」より1節ご紹介申し上げます。

「養生の術は、まず自分のからだをそこなう物を遠ざけることである。からだをそこなう物は内欲と外邪とである。内欲というのは、飲食の欲、好色の欲、眠りの欲、しゃべりまくりたい欲と、喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の七情の欲のこと。
外邪とは天の四気である。風・寒・暑・湿の事である。
内欲をこらえて少なくし、外邪をおそれて防ぐのである。
こうすれば元気をそこなわず病気にならずに天寿を保つだろう。

およそ養生の道は、内欲をがまんするのを根本とする。
この根本をしっかりやれば、元気が強くなって外邪もおかしてこない。元気が弱いと外邪に負けやすくなり、大病となって天寿を保てない。
内欲をがまんするのに大事なのは、飲食を適量にして飲み過ぎ食い過ぎをしないことだ。脾胃をきずつけ、病気をおこすものは食べない。色欲を慎んで精力を惜しみ、寝るべきでない時に寝ない。長時間眠ることを戒め、楽だからといって長く座っていないで時々からだを動かし、気の循環をよくしなければいけない。
ことに食後には、かならず数百歩歩くことである。もし長い間楽な姿勢で座っていたり、また食後にじっとしていたり、午睡をしたり、食べたものがまだ消化していないのに早く床にはいって眠ってしまったりすると、体の中に停滞がおこって病気になり、いつまでもくりかえしていると、元気ができてこないで弱くなる。
ふだんから元気をへらすことを惜しんで、言葉を少なくし、七情をほどほどにするが良い。七情のなかでも、とりわけ怒り・悲しみ・憂い・思いを少なくすることである。欲を抑え、心を平らかにし、気を和(やわ)らかにして荒くせず、静かにしてさわがせず、こころはつねに和楽でなければならぬ。憂いを苦しんではならぬ。
これみな内欲をがまんして元気を養う道である。
また風・寒・暑・湿の外邪を防いでまけないようにする。
これら内外のいろいろの用心は養生の大事な項目である。これをよく用心して守らなければならぬ。」

どうですか。面白くないですか?
私はこの本より影響を受け、食後の散歩を始めました。
皆様のご健康をお祈りいたします。

ビジネス中国語その5に続きます

Book 養生訓

著者:松田 道雄,貝原 益軒
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

香港よもやまばなし その4・月餅(通算20回)

*月餅三題*

1.月餅について

月餅は「中秋節」のお菓子として、中国で広く食べられています。
私は上海と香港の月餅しか食べたことがありませんが、中国内にはさまざまなバリエーションの月餅が存在します。
私が食べた事がある上海と香港の月餅は、中国の月餅の区分けの中ではそれぞれ「蘇式(蘇州式)」、「広式(広州式)」等と呼ばれているようです。

「蘇式(蘇州式)」… 何層にも重なった薄いパイ皮のような生地に包まれた月餅

「広式(広州式)」… 木型を使い生地を入れ、表面を焼いた月餅

一般に上海など北方のものは、水分が少なめの餡を使い、胡桃、松の実、ナッツ等を入れたものがポピュラー、香港・広東省近辺の月餅はどちらかというとしっとりした食感の餡を使った月餅が多いという印象があります。

私は松の実、ナッツ等が入った上海の月餅、しっとり感のある餡が入った香港の月餅、共に好きです。

2.月餅の起源、まつわる物語など

「月餅の起源」

こういった民間の伝統行事は、例によって出所がはっきりしないようです。
今回調べてみた所、「月餅」は中国の宋代ぐらい(1000年頃)より作られ始め、明代(1400年頃)に民間に広まったもののようです。

月餅にまつわるお話も中国にいろいろあるようです。
有名なものは、「嫦娥奔月(嫦娥月に奔る)」「朱元璋起義(朱元璋蜂起)にまつわるお話ー朱元璋は明の始祖、反乱を促す密文を月餅の中に忍ばせ仲間への伝達手段とし、反乱を成功に導いたというお話が残っている」などがあるようです。これらのお話は、中国人であればほとんどの人間が知っているお話のように思われますので、私が「第3回」「第4回」「第7回」「第13回」「第16回」でご紹介申し上げましたような中国語等を駆使し、中国の方と軽くお友達になり、中国の方とお話をし、聞き出してみるのも面白いかもしれませんね。(何か面白い話が聞けましたら、ご報告ください)

「月の中に見えるもの」

中国の人が見る月の中には何が見えるのでしょうか。
中国の人が見る月の中にも「ウサギ」住んでいるようです。ただし、中国の人が見る月の中のうさぎは薬を搗いているのだそうです。
私の身近にも一人中国人がいますが、「日本人が見る月の中のウサギは、お餅を搗いているんだ」と言った所、「特別な日でもないのに、日本の月の中のウサギは、なんで年がら年中お餅を作っているの。おかしい。」と言って笑われてしまいました。所変われば、感じ方も違うと言ったところでしょうか。

3、香港の月餅 (当項目の読み仮名は全て広東語読み)

香港の月餅は、「やわらかい小麦で作った皮に、やわらかい蓮の実餡を詰め、その中に塩漬けしゆでたアヒルの卵の黄身を入れたもの」が一般的です。
「美心(メイサム)」「奇華(ケイワー)」「榮華(ロンワー)」等、香港のさまざまなお菓子メーカーが月餅を売り出していますが、「大班(ダイバン)」という香港のパン屋さんが、1989年に売り出した「冰皮月餅(ベンペイユッベン)」という白い月餅が香港人に一番人気があるようです。
一般に月餅は、砂糖を多く含む他、ラード等の油脂分も含むため、見た目以上にカロリーが高いお菓子なのですが、「冰皮月餅(ベンペイユッベン)」は、(私も食べたことがありますが)実際にカロリーが低いかどうかはともかく、あっさりとした食感があり、口当たりの良い月餅です。私も香港の月餅の中で一番好きです。

「贈答、食し方等」

この時期香港の企業・庶民は、月餅の「現物」・「ギフト券」(または果物の詰め合わせ等)を、客先・親しい人に送ります。
このため、企業に送られてくる月餅は多く、従業員はそのおすそ分けに預かります。
(私も香港滞在中、そのおすそ分けに預かっていました)
香港の月餅は、四角く平べったいブリキ缶の中に4つ入りのものが多く、その中にご丁寧にプラスチック製のケーキナイフが入っています。月餅1個の大きさは肉まん程度のため、日本人ならそのままかぶりついてしまいそうになりますが、月餅は付属のナイフ等で4等分等にし、家族で分け合って食べるもののようです。
確かにカロリー的には、4分の1も食べれば十分です。それ以上食べるとしつこくてすぐにあきてしまいます。
私も会社から分けてもらった月餅は、付属のナイフでクロスに4分の1に切り、1日1かけらずつ食しておりました。

以上になりますが、少しは月餅が食べたくなりましたでしょうか。
また、お立ち寄りください。

――――――――――――――――――――

長野は本格的に秋に入ったようです。
日中、夜間の寒暖の差が激しい季節になりました。
風邪など召されませぬよう、お気をつけくださいませ。

----------------------------------------------
今回関連用語の中国語訳 (普通話)
「嫦娥奔月(チャン2オー2ベン1ユェ4)」 嫦娥月に奔る
「朱元璋起義(ジュー1ユァン2チャン1チー3イー4)」 朱元璋蜂起
----------------------------------------------

(「香港よもやまばなし」次回に続きます)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

香港よもやまばなし その3・中秋節(通算19回)

先週高校野球も終わり、まだ夏の名残は残っていますが、長野はだいぶ涼しくなりました。
桃、なし、りんご、果物がおいしい季節です。
さんまを焼くいいにおいも街にあふれています。

――――――――――――――――――――

日本人にはほぼ忘れかけられている行事ですが、これから約1ヶ月にわたり、中国の人にとっては、1年で2番目に重要な行事が始まります。

そうです。「中秋節」です。

「中秋節」は、日本では「仲秋の名月」として知られていますが、日本人にとって「仲秋の名月」と言えば、縁側にススキを飾り、「三方(三宝)台」と呼ばれる台に「お月見団子」を載せ、お月見をする情景が目に浮かぶのではないでしょうか。
(そういえば、縁側のある家も今ではほとんど見かけなくなりました。日本で毎年欠かさず、伝統的なお月見をする家は、アニメのサザエさん家ぐらいでしょうか?)

旧暦で8月15日の月を「仲秋の名月」といいます。
今年(2006年)は、10月6日がそれにあたります。
旧暦では、1~3月を春、4~6月を夏、7~9月を秋、10~12月を冬とし、8月は秋の真中の月なので、「中秋」というのだそうです。

もうそろそろ今ぐらいの時期、香港の街には「月餅」がでまわっていることでしょう。
日本人と中国人では、「中秋節」にかける意気込みが違います。
「中秋節」当日、香港の会社は一般に「半日出勤」になります。
(さらに翌日は、祝日でお休みになります)
「中秋節」の夜、香港の人達は家族揃っていつもより少し豪華な夕食を食べたり、「公園」に行って、ろうそくを灯した明かりの中で月を眺め夜更かししたりします。

香港の会社が一般に「半日出勤」となるのは、「正月前」と「中秋節」ぐらいです。
この事からも中国の人達の「中秋節」にかける意気込み、推して知るべしでしょう。

「中秋節」にかける想いは、香港の人達も中国大陸内に住む人達も大差無いように見受けられます。まあ、民族の「心の琴線」に触れる年中行事といった所でしょうか。日本に来ている中国の人達に対しては、日本の「中秋節」にがっかりし、「ホームシック」にならないようフォローしてあげなければなりません。

江戸時代などと違い、街の灯りの中に月の光が埋もれてしまって幾久しいですね。
たまには月など眺めてみるのは如何でしょうか。

----------------------------------------------
今回関連用語の中国語訳(普通話)
「秋刀鱼(チュー1ダオ1ユィ2)」 さんま
「桃子(タオ2ズ・)」 桃
「梨子(リー2ズ・)」 なし
「芒草(マン2ツァオ3)」 ススキ
「中秋节(ジョン1チィウ1ジェ2)」 中秋節
「月饼(ユエ4ビン3)」 月餅
----------------------------------------------

(「中秋節」のおはなしは次回に続きます

*本日までに書き溜めた文章を一気上呈させていただきました。少しでも皆様のお役に立つ部分があれば幸いです。以後、少しずつ更新してまいります。

〈日本の江戸情緒をお楽しみください。湯豆腐が好きな人が出てきます。〉

殺しの四人―仕掛人・藤枝梅安〈1〉 殺しの四人―仕掛人・藤枝梅安〈1〉

著者:池波 正太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

梅安蟻地獄―仕掛人・藤枝梅安〈2〉 梅安蟻地獄―仕掛人・藤枝梅安〈2〉

著者:池波 正太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

梅安最合傘―仕掛人・藤枝梅安〈3〉 梅安最合傘―仕掛人・藤枝梅安〈3〉

著者:池波 正太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

梅安針供養―仕掛人・藤枝梅安〈4〉 梅安針供養―仕掛人・藤枝梅安〈4〉

著者:池波 正太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

梅安乱れ雲―仕掛人・藤枝梅安〈5〉 梅安乱れ雲―仕掛人・藤枝梅安〈5〉

著者:池波 正太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

梅安影法師―仕掛人・藤枝梅安〈6〉 梅安影法師―仕掛人・藤枝梅安〈6〉

著者:池波 正太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

梅安冬時雨―仕掛人・藤枝梅安〈7〉 梅安冬時雨―仕掛人・藤枝梅安〈7〉

著者:池波 正太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

香港よもやまばなし その2・台風シグナル(通算18回)

気の早い楓(カエデ)の葉が赤く色づき始めました。
短い長野の夏が行こうとしております。
暦的にはもう秋です。
残暑お見舞い申し上げます。
「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」(古今集;藤原敏行)

――――――――――――――――――――

香港の思い出続きです。

香港には「台風シグナル」なるものが存在します。
内容はおよそ次のようなものです。

「シグナル1」 警戒準備シグナル
「シグナル3」 強風シグナル
「シグナル8」 烈風あるいは暴風シグナル
「シグナル9」 烈風あるいは暴風風力増強シグナル
「シグナル10」 ハリケーンシグナル
(ちなみに2、4、5等の数字シグナルは存在しません)

香港天文台(気象庁)よりシグナル3が発令されると、香港内にある全ての幼稚園はお休みになります。
シグナル8以上になると学校はお休み、会社はシグナル8が発令されている間、通常出勤免除扱いになります。一般の公共交通機関もストップします。

また2000年ぐらいより、香港は豪雨に関する「警告シグナル」も定めています。
豪雨に関する「警告シグナル」は、以下の3等級に分かれています。

「イエローレイン」(黄色豪雨警報) 毎時30ミリ程度の雨
「レッドレイン」(赤色豪雨警報) 毎時50ミリ以上の雨
「ブラックレイン」(黒色豪雨警報) 毎時70ミリ以上の雨

「台風シグナル」と同様な扱いで、「レッドレイン」が発令されると幼稚園はお休み、「ブラックレイン」になると、学校お休み、会社発令中出勤免除扱いとなります。

「シグナル8」以上あるいは「ブラックレイン」に関し、香港の労工署(日本の厚労省に相当)は次のようなガイドラインを出しています。
・始業時間2時間前に暴風雨警報が発令されたら自宅待機。
・終業時間3時間以上前に解除または警報のレベルが下がったら出勤。
・出勤できない場合でも賃金控除はしない。

これら香港特有(?)の警戒警報は、香港が亜熱帯に属し、また、海に極めて近い事から「スコール」てきな豪雨、勢力を弱めることなくやってくる台風に対応するために定められているものといえます。

「シグナル8」以上あるいは「ブラックレイン」の発令時期・頻度は、「夏場」「年数回程度」です。
「警告シグナル」は、発令中香港のテレビ等に常時表示されます。
「シグナル8」以上が発令されると、一般交通機関がストップする事から「個人タクシー」の荒稼ぎの場となり、一種「無法地帯的」様相を呈し、「法外な運賃」を請求するなどして、香港の翌日の新聞を賑わす事になります。

最近では、香港に倣い中国広東省内でも似たような「警告シグナル」が整備されつつあります。
夏場、香港に旅行される方は、ご注意ください。

(文才はありません。物知りでもありませんので宜しくお願いします)

(香港よもやまばなしその3に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

香港よもやまばなし その1・冷房大好き香港人(通算17 回)

香港については、少し知っている所がありますので書いてみたいと思います。
(四年半程前まで、居民でした。居民=住民。居民になるとIDカード(香港の身分証明書)がもらえます)
現在の香港は、日本より有効期限が十分なパスポートを持っては入れは空港で3ヶ月の訪問ビザが自動的にもらえるようになり、日本からの訪問が大変しやすく、滞在もしやすい場所になりました。
(私が初めて香港を訪問した1993年当時は、1ヶ月の訪問ビザがもらえるのみでした。)

香港は亜熱帯に属し、四季はありますが、日本ほどはっきりしていません。
5月より10月ぐらいまで、気温的には30度程度ですが、連日湿度90%を超える蒸し暑い日が続きます。期間中、香港人は冷房の綱渡りをしながら日々を暮らしています。

香港人の「冷房好き」かなり有名です。
香港人は年中「キンキン」に冷やした冷房の中で暮らしています。
香港の立派な建物には、一般に「暖房」の施設はついていませんが、「冷房」の施設は必ずついています。
香港人にとって「冷房」とは、豊かさの象徴であり、人間に快適な環境を提供してくれるものという意識があるようです。(冷房には空気洗浄作用があると信じている節さえあります)

この習慣は真冬でも同様です。香港の冬は、上着が必要な程度には寒くなります。
外気気温数度程度の真冬でも「キンキン」に冷房のきいたオフィスの中で、オーバーを着て仕事をしようとするため、日本人駐在者との間で「チャンネル争い」ならぬ、「冷房の温度設定争い」を繰り広げ、「文化摩擦(?)」を引き起こしているなどという話しは、滞在中よく聞きました。

この香港人の「民族的な習慣(?)」は、日本に観光にやってきても変わらないようで、日本の車の中は冷房の利きが悪い等の苦情が香港人よりツアコンに出されるようです。

香港に旅行に行かれる方は、「冷房病」にご注意ください。

-----------------------------------
四方山話(よもやまばなし)とは
-世事についての雑談。世間話。(広辞苑より)

中国語にすると、「談天説地(タン2ティエン1スゥオ1デイ・)」
        「聊天(リァオ2ティエン1)」等

-----------------------------------

(香港よもやまばなしその2に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

中国 中国観察 中国語 健康 香港