« 香港よもやまばなし その5・生活中国語(通算21回) | トップページ | 香港よもやまばなし その6・養生訓・上(通算23回) »

2006年10月 9日 (月)

生活中国語 その1・床屋(通算22回)

中国に行ったらどんなに言葉が話せない人でも最低1ヶ月に1度は床屋には行かなければならないでしょう。床屋に行って自分のイメージしたとおりに、髪を刈ってもらえないともどかしいものです。私も中国語がほとんど話せない頃、中国で初めて行なった会話は、買い物と床屋での会話であったように記憶しています。そんなわけで、今回は「香港よもやま話」は1回お休みして、床屋での会話を紹介してみたいと思います。

東方書店 「基礎中国語会話〔全25課〕」初版

(基本的な事が学べる良い教科書だと思います)

第20課 「在理发店(ザイ4リィ3ファー1ディエン4)理髪店で」より(訳は少し変えてます)

理髪員: 先生,请这坐。您理什么样

    (シェン1サン・,チン3ザァー4ズオ4。ニン2リー3シェン2モ・ヤン4ズ・ダ・?)

    「旦那、ここにお掛けください。どんな髪型にしましょうか。

山本: 照原来的样子理。

    (ザオ4ユァン2ライ2ダ・ヤン4ズ・リィ3。)

    「もとのとおりに刈ってください。」

理髪員: 刮脸吗?

    (グァ1リェン3マ・?)

    「顔ぞりしましょうか?」

山本: 不用了。刮一下胡子把。

   (ブー2ヨン4ラ・。グァ1イー2シャー4フー2ズ・バ・。)

   「いいです。髭を剃って下さい。

理髪員: 请到这儿来洗头。・・・・擦点儿油吗?

    (チン1ダオ4ザァー4ライ2シー3トウ2。・・・・ツァー1ディアー3ヨウ2マ・?)

    「頭を洗いますので、こちらへどうぞ。油をつけますか?」

山本: 好,少一点儿。

    (ハオ3,サオ3イー4ディアー3

    「はい。少し。」

理髪員: 您看,这样行吗?

     (ニン2カン4,ザー4ヤン4シン2マ・?)

     「ご覧ください。いいですか。」

山本: 很好,谢谢。

    (ヘン3ハオ3,シェ4シェ・。)

    「とてもいいです。ありがとう。」

髪を刈ることは、中国語で「理发リー3ファー1)」もしくは、「剪头发(ジェン3トウ2ファー・)」と言います。パーマは「垫头发(ディエン4トウ2ファー・)」。

理髪員の問いかけ「您理什么样的。ニン2リー3シェン2モ・ヤン4ズ・ダ・?」は、「你要什么发型?(ニー3ヤオ1シェン2モ・ファー1シン2)どんな髪型にしますか?」と聞かれる事が多いでしょう。

山本さんのように、「照原来的样子理。ザオ4ユァン2ライ2ダ・ヤン4ズ・リィ3。)もとのとおりに刈ってください。」と言って、気に入った髪形にしてもらえれば良いのですが、なかなかそうはいかないものです。

短くして「剪短一点。(ジェン3ドアン3イー4ディエン3)」などと言うと、どのくらい短くされるか、ドキドキものです。

私は横分けの簡単な髪型なのですが、「由这里分开(ヨウ2ザァー4リィ3フェン1カイ1)ここで分けて」などと一生懸命説明するのですが、気を許すと「毛沢東」のような髪型にされてしまい、がっかりした記憶があります。

香港・広東省の床屋は、香港人等に「のっぺり」した顔の人が多いせいか、顔ぞりが無く、寂しい思いもしておりました。

本心から「とてもいいです。ありがとう。」と言いたいものですね。

今中国に滞在されている方のご健闘をお祈りします。

(香港よもやまばなしに続きます)

初版とは内容が変わっているかも知れませんが、

基礎中国語会話 基礎中国語会話

著者:輿水 優,康 玉華,王 徳珮
販売元:東方書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 香港よもやまばなし その5・生活中国語(通算21回) | トップページ | 香港よもやまばなし その6・養生訓・上(通算23回) »

コメント

こんばんは。
初めて行った時は、勇気が要りました。
その後、結局美容院風のお店がお気に入りになりました。
いつもお前はどこから来たのかと聞かれました。発音が訛っていたのでその土地の人間ではないことは明らかでしたから。
いつも念入りに頭を洗ってもらってマッサージをしてもらって、懐かしい限りです。
でも顔剃りは未経験です(怖くてパスでしたが)。

投稿: ぞう | 2006年10月10日 (火) 21時34分

ぞうさん
〉)いつも念入りに頭を洗ってもらってマッサージをしてもらって、懐かしい限りです。
中国滞在中は、頭皮マッサージを兼ね「ああでもない。こーでもないと。」30分程かけて念入りに頭を洗ってもらっていたのを思い出しました。(値段は洗い・乾かしで15元ほど)時々爪を立てて洗おうとする人がいるのには閉口しました。

投稿: 湯豆腐 | 2006年10月11日 (水) 08時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生活中国語 その1・床屋(通算22回):

« 香港よもやまばなし その5・生活中国語(通算21回) | トップページ | 香港よもやまばなし その6・養生訓・上(通算23回) »